スポンサーサイト

  • 2020.08.06 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    のらりくらりとした生活パターンが出来つつある

    • 2020.01.02 Thursday
    • 17:20

    30歳を過ぎ、出来る事とできないことが明確になり始めた今日この頃です。

     

    ここでなんとなく出来つつある生活パターンをメモしておこうと思う。

     

    (勤労(計1年以上、途中で休憩可)→(休憩:雇用保険待機+給付期間(最大7か月以内)→(勤労)→(休憩)。。。。。

     

     

     

    【勤労(累計1年以上、途中で休憩可】

     

    ここでは雇用保険の加入条件を満たす週20時間以上を働くことを目指します。

     

    正社員でもよいし、パート(週20時間以上)でもよい。

     

    自身の体調、気力に応じて決めます。

     

    もちろん途中で転職、休憩(休職)も有りです。

     

    なぜなら「たかが人生、たかが仕事」なのだから。

     

    しょせん大したことではないです。この気持ちの余裕が大事。(大事なことなので強調!)

     

    無職を経験していると、生活リズムに大きくギャップが有りますが、人間慣れるものです。

     

     

    <余談:昨今の人手不足による就職しやすさについて>

     

    昔の就職氷河期が嘘のように(中小企業、不人気業種への)就職ハードルは下がっている。

     

    大手(ホワイトカラー的な)は自身が就職したことないから、よく分からない。

     

    ただ確実に中小は就職できる。

     

    もちろん何かしらの問題は有ります。むしろ有ると思っていた方が良い。

     

    ただそれが自身にとっての許容できるレベルであれば、働けば良いのです。(許容できなければ即退社)

     

    ただ、多くの場合、判断が付きかねる or微妙な局面に直面することが多いでしょう。

     

    それはそれでいいのです。

     

    働ける環境か微妙な時は働きながら様子を見て節目節目で判断を下すのも手です。

     

    おおまかな節目としては、

     

    累計1年(雇用保険の受給資格を得られる)

     

    ボーナス月(正社員などで、ボーナスがある会社の場合)

     

    有給付与される月(入社して半年後)

     

    辺りで、勤務を継戦か、撤退か(退社)の判断をするのも良いかと思います。

     

    この方法の利点は、長々と「仕事を続けようかどうか」考えなくて済むことです。

     

    「下手な考え休むに似たり」じゃないですが、

     

    ずっと考えているとモチベーションに影響するのでよろしくないです。

     

    なので仕事に専念して、上記のタイミングで、「契約更新の季節が来た。さて更新はどうしようかな?

     

    って考えるのが手だと思います。

     

     

     

    <余談:昨今の不人気業種の就職しやすさ(運輸業(バス会社)編> (経験談)

     

    【始めに結論】(地方のバス会社)

     

    人間関係は良い。(仕事自体は1人なので、休憩中にだべっている感じ、暇な近所の寄り合い的な?)

     ↑ だから1年以上続けることが出来ました。雰囲気は一番大事。

     

    仕事内容(バスの運転)は、やや楽な方

     

    長時間の拘束時間(朝6時〜22時まで、実働8時間、昼間に8時間ぐらい休憩がある感じ)

     

    休みは取れない(月に休みが5〜6日)

     

    薄給(月28万程度、日当に換算すると11,500円ぐらい(実働8時間)

     

    人手(全然いない。残業(休日出勤はし放題。むしろ「出てくれんか?」状態)

     

     

    自身としては、1年3か月働き退職。←今ココ。

     

    雇用給付を貰い終わって、また再就職(出戻り、3回まで有りらしい)するつもりです

     

     

     

     

    初めて異業種に就職したのがバス業界でした。(以前はドラッグストア(小売業)

     

    理由は、「運転は一人でできる事(気楽)、手に職をつければいいだろう」的な発想でした。

     

    書いてある通り、人手は全然居ません。

     

    そりゃあ運輸業の大手の、広交・広鉄さん、トラックの福通さんでさえ人がいなくて、親戚、知り合いの伝手に電話で探している状態なのですから。

     

    言わんや、中小のバス会社に人手がいるはずもありません。

     

    普通に大手のバス会社、トラックなどに流れるよねぇ。

     

    私でも真面目に働く気があれば、大手に流れるでしょう。(だから私は中小にいるのです。)

     

    スポンサーサイト

    • 2020.08.06 Thursday
    • 17:20
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << October 2020 >>

      グーグルアナリティクス

      selected entries

      categories

      archives

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM