スポンサーサイト

  • 2017.01.02 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    投資しやすくなってきた銘柄たち

    • 2016.06.21 Tuesday
    • 07:33

    英国かなんか知らんが、EU離脱懸念は、絶好の買いの機会を与えてくれた。。。

     

    もちろん自分の資産も当然のようにすり減っているが!(業績と関係ないからいずれ戻るから問題ないだろう)

     

    というわけで、いくつか高配当銘柄を見ていきたいと思う。

     

    まず、銀行株だが、りそなHDが安い。主力銀行の中でも、あおぞら、りそな、みずほ(各銀行)は配当が、5,1% 4.8% 4,7%と安くなっている。指標mもおおむねPER5〜10、PBR0.5〜1と安い(若干あおぞら銀行が指標が高い、あと各銀行マイナス金利で収益減少は確実(特に地銀)

     

    この現象は、欧州ギリシャ危機(2011〜12)の展開を思い出す。あの時は債権がパーになるといった話から、不景気と相まって銀行株が下落した。増資懸念も多分にあった(特にみずぽ)。だが結局乗り切った。

     

    不景気の底の目安であるとともに、配当性向も25〜50%とまだ減収でも余力はある(ただしあおぞらは配当性向50%なので減配の危険あり、(私はりそな、みすほ、三井住友あたりの株が好き)

     

    もし現金に余力があれば、ハイイールド債的な高利回りを提供してくれるだろう。。。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     

    次は優待関連を。私は基本的に優待がそこまで好きではない。あまりレジャー、食べ物に興味がないからだ。(田舎で店が少ないというのも、また優待の使いずらさ)

     

    なので金券類をほしがることが多い。しかし、金券は魅力的な反面、優待改悪リスクにつながりやすい。よって業績、指標を注視(精査)していく必要がある。(食べ物券などは、平気でPBR1倍以上だったりPER15倍いじょうだったり、指標的に高いのもおおい)

     

    主にクオカードと図書カード、あとお米券ぐらいだが、指標的に無難なのdに、ラサ商事がある。ここ5年ぐらい見ると、指標は平凡、業績も平凡(PER7倍、PBR0.5倍みたいな感じ:なぜか6か月ぐらいだらだら下げている)。

     

    話はそれるが、ふつーの人にとって、株価がだらだら下げるのが一番きついだろう。(急落したら反動で上がることも多いので)押し目買いもしにくく、ただ先が見えない展開は多くの人にとってシナリオを描きにくいのだろう。(人は過去の延長が(だらだら下げが)続くものだと思ってやまないからだ(そしてそれは間違っている)。

     

    話を戻して、指標も安く、業績も平凡(←金券優待にとって、平凡というのはむしろ褒め言葉に近いw)。配当、優待込で4.3%ある。(1年以上持つと5,4%(クオカード500→1000円になるので)

     

    市場が下げている恵みを味わうとしよう。

     


    株式長期投資 ブログランキングへ
    何か記事でピンと来るものがあればクリックお願いします。

    スポンサーサイト

    • 2017.01.02 Monday
    • 07:33
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << April 2017 >>

      グーグルアナリティクス

      selected entries

      categories

      archives

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM